Collection
List

主な展示作品

ルーブル史上初めて門外不出の展示彫刻作品の実物から直接型を取り、ルーブルの技術陣がその総力を結集して当姉妹館の為に実物と寸分たがわぬ姿で完成しました。

ミロのビーナス

ルーブル美術館の至宝、ミロのビーナス。深く聡明な表情と女性らしくふくよかな輪郭を持つ裸体の美しさは他に類を見ない。

作品紹介

サモトラケのニケ

1863年、エーゲ海東北のサモトラケ島でフランス領事、シャルル・シャンポワーゾが、まずパロス島の大理石で作られた女性像トルソを発見した。 続いて周辺からは同じ大理石で作られた118点の断片となった翼の部分が見つかった。これを復元したところ有翼の勝利の女神「ニケの像」であることが分かった。

作品紹介

ベルヴェデーレのアポロン

近代文学にも太陽の代名詞のようにその名が使われている、ギリシア神話の男神アポロン。光明の神として、また芸術擁護の神として、民に学問や芸術的霊感を授けていた。

作品紹介

王妃ネフェルティティの胸像

ベルリン美術館の作品群の中で最も有名な胸像で、1912年、アマルナ王宮の彫刻家トトメスのアトリエ跡から発見された。

作品紹介

円盤投げ像

1792年、ハドリアヌス帝の別荘で発見された後、古物収集家であるチャールズ・タウンレーから大英博物館が買い上げた。

作品紹介

モーゼ

ルネッサンスを代表する三大巨匠の一人、ミケランジェロの作品。情熱的でダイナミックな作風により、モーゼの神々しいまでの姿を表現した超大作である。

モーゼ

ハンムラビ法典碑

「もしある者が強盗を働き捕らえられたなら、この者は死刑に処せられるであろう。」こうした判例形式で王の布告を集成した大石碑、ハンムラビ法典碑。

作品紹介

ガビィのアルテミス

作品紹介

展示作品一覧

こちらで紹介している作品はルーブル彫刻美術館に展示されている作品の一部です。他にもたくさんの展示品がありますのでぜひ当館にてご覧下さい。

[list_1]

[list_2]

[list_3]