BLOG

ルーブル彫刻美術館BLOG

お屠蘇(おとそ)

正月になぜお屠蘇を頂くのでしょうか? 元旦にいただくお屠蘇は体の中に溜まっている不浄なものを、洗い流し、清らかな体で新年を迎えると...

未分類

聖具箱を持つアテナ女神

ゼウス大神がひどい頭痛を治すため、自分の頭を鍛冶の神ヘーパイストに手斧で一撃させたところ、その頭の割れ目から生まれ出たという女神ア...

未分類

ウィスキーのうんちく

ウィスキーの語源は、「命の水」という意味で、スコットランドやアイルランドでラテン語をゲール語に翻訳した uisce beatha(...

未分類

アモールとプシケ

ギリシアの伝説に登場する美少女プシケ。 彼女に恋したビーナスの子、アモール(キューピット)は、プシケを宮殿に誘い、いつしか二人は愛...

未分類

サンダルの紐を解くニケ

有翼の勝利の女神ニケは、アテネ女神に従うもので、しばしば女神に付き添うか、あるいはその手に乗っているが定説です。 この像はアクロポ...

今月の作品

ミロのビーナス

美し過ぎる故かビーナス像の誕生には、数奇な運命があった。 その発見は、1820年キュクラデス諸島の南西メロス島でのこと。 ギリシア...

今月の作品

キューピット

ロココ時代の特徴である繊細優雅で柔らかな曲線を、愛くるしいキューピットの姿を通して見事に表現したこの作品は、1755年のサロンで絶...

今月の作品

象牙彫金作品

当館展示の象牙彫金作品は、フランスにて作成されたもので、象牙による若い女性の肉体の表現は 見事で、肌のツヤだけでなく、顔の表情もは...

今月の作品

ボルテール

ボルテール(1694~1778) フランスの思想家であり啓蒙主義者。 公証人の子としてパリで生まれました。法律学を学び、のち文学に...

今月の作品

キューピット

ロココ時代の特徴である、繊細優雅で柔らかな曲線を愛くるしいキューピットの姿を通して見事に表現したこの作品は、1755年のサロンで絶...

今月の作品

次のブログ一覧