Collection

演説者マルセルス

ルーブル美術館が所蔵する古代彫刻作品の中でも、最も古いとされているこの男性裸体像は、1685年、ルイ十四世によって「サンダルの紐を結ぶヘルメス」と同時に購入された。端正な表情と簡潔なポーズから感じられる純粋な肉体の美しさ。その計り知れない魅力に、この裸体像がルーブルに展示されるや、ローマでは爆発的な評判を呼び、こと美術品収集家たちの羨望の的となった。そこで作品の流出を懸念したイノケンティス二世は、高まる収集熱にピリオドを打つべく厳しい措置を敢行した。いかにこの作品が持つ魅力が大きかったかが伺われる。

作品データ
紀元前59年頃
復刻・ブロンズ
パリ・ルーブル美術館原型所蔵

展示作品一覧

こちらで紹介している作品はルーブル彫刻美術館に展示されている作品の一部です。他にもたくさんの展示品がありますのでぜひ当館にてご覧下さい。

[list_1]

[list_2]

[list_3]