Collection

ワットー

「亀と遊ぶナポリの少年」で1833年、勲章を受章した師のリュードの偉業に影響を受けたカルポーは、1854年「ヘクトル」でローマ大賞を受賞、さらに3年後「貝殻を聞く若い漁夫」を発表し、その地位を不動のものとした。また彼は「モーゼ」や「ダビデ像」を代表作に持つミケランジェロにも触発され、ミケランジェロの情熱的な力強さとリュードの洗練された表現力を備えた対策を数多く世に送り出した。そのカルポーの作風は、やがて「考える人」で知られる後の彫刻家ロダンに受け継がれ、芸術家の魂はこうして永遠に生き続けるのである。

作品データ
1853年
復刻・ブロンズ
パリ・ルーブル美術館原型所蔵

展示作品一覧

こちらで紹介している作品はルーブル彫刻美術館に展示されている作品の一部です。他にもたくさんの展示品がありますのでぜひ当館にてご覧下さい。

[list_1]

[list_2]

[list_3]