Collection

ベートーベン

偉大なドイツの作曲家、ベートーベン。古典派音楽の完成者であり、またロマン派音楽の先駆者でもある彼の人生は、華やかな音楽の世界とは裏腹に苦悩多きものであった。1770年12月16日、ボンで生まれた彼は、やがて作曲家を志すようになる。本格的に作曲活動を行うため22歳でウィーンへ渡り、ウィーンの貴族たちの支援を受けながら器楽や声楽作品づくりに没頭する毎日を過ごしていた。そんなある日、彼に大きな悲劇が襲った。それは失聴という、音楽家にとっては致命的な病気であった。しかし彼は苦しみに耐えながらも強い精神力で数々の名曲を作り出すと共に、その一方で王侯貴族に隷属した状態にあった音楽家の地位を高めるなどの功績も残した。代表作に「悲愴」「月光」「情熱」「告別」などの32曲のピアノ・ソナタ、「皇帝」など5曲の協奏曲、「英雄」「運命」「田園」「合唱」など9曲の交響曲とさらにはオペラや弦楽四重奏など多数ある。

作品データ
19世紀
復刻・ブロンズ
パリ・ルーブル美術館原型所蔵

展示作品一覧

こちらで紹介している作品はルーブル彫刻美術館に展示されている作品の一部です。他にもたくさんの展示品がありますのでぜひ当館にてご覧下さい。

[list_1]

[list_2]

[list_3]